メッシュデータ/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

地域を正方形に区切った区画(メッシュ)単位に、整備したデータのこと。

統計に利用するために、緯度・経度に基づいて地域をほぼ同じ大きさの網の目(メッシュ)に分けたものです。第1次メッシュから第3次メッシュまであり、さらに細分化した分割地域メッシュもあります。
経線および緯線に基づいて設定された国の標準メッシュ体系があり、昭和48年に行政管理庁(現総務省)が告示し、昭和51年にJISコードとして制定されています。

メッシュの各辺の長さ

  • 第1次メッシュ:約80km
  • 第2次メッシュ:約10km
  • 第3次メッシュ:約1km
  • 2分の1地域メッシュ:約500m
  • 4分の1地域メッシュ:約250m
  • 8分の1地域メッシュ:約125m
商圏分析

メッシュの長所

山間部など町丁目の面積が大きい場所でも細かく分析可能
—画像準備中—

ほぼ単一面積のため、地域比較が容易
—グラフ画像準備中—

人口総数などで色を塗った際に比較的綺麗に見える
—レンジ画像準備中—

メッシュの短所

  • ほぼ単一面積で統一されているため、駅の立地(西口、東口など)、河川、道路などの地形的要素を考慮し難い
  • 販促活動への展開が難しい
  • 統計データを「集計」する以外の使い道が難しい。1つ1つのメッシュで見ても、現場に行った担当者がその場で使い難い。

エリアマーケティングにおいては、メッシュデータ、町丁目データともに長所、短所があるため、両方合わせて分析するのがお勧めです。

GISグループ広報担当