商圏/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

商取引を行う地理的範囲のこと。
エリアマーケティングにおける商圏は、以下のようなものがあります。
 1.店舗への集客が可能であると仮定した地域。
 2.実際に顧客がいる地域
 3.支店、営業マンの担当地域
 4.販促エリアと仮定した地域

このような商圏を分析することが、販売戦略を練ることにつながります。
ここからは、商圏分析について記載します。

商圏の例1
店舗分析:店舗への集客が可能であると仮定した地域

店舗開発、FC展開に必要な売上予測、ドミナント政策の検証、競合店分析などが可能です。候補物件や既存店の商圏データを集計し、出店計画の効率化を図ることができます。

商圏分析

商圏の例2
顧客分析:実際に顧客がいる地域

ポイントカードやPOSシステム、会員リスト等を取込、エリアシェアや顧客分布を分析することができます。実勢商圏を把握することで販促戦略、ドミナント戦略につながります。

商圏分析

商圏の例3
営業エリアの最適化、支店の統廃合:支店、営業マンの担当地域

会員や顧客データを取り込み、地図上でピンポイントの管理が可能です。戸宅訪問、ルート営業など一軒一軒のクライアントをサポートする業務を効率化します。

商圏の例4
販促分析:販促エリアと仮定した地域

ターゲット層が多く存在する「販促すべきエリア」を選定できるため、販促の強化・効率化を図ることができます。販促実施後のレスポンス分析(効果測定)も可能です。

商圏分析

GISグループ広報担当