商圏調査/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

商取引を行う地理的範囲に関して、国勢調査等から地域特性を導き出すこと。「商圏分析」とほぼ同義語となります。
国勢調査など、さまざまなデータ、地理的要因などから地域特性を導き出すことを指します。エリアマーケティングにおいては、おもに出店戦略や販売戦略を見つけることを目的に行われます。

【商圏調査 例1】店舗分析

対象商圏:店舗への集客が可能であると仮定した地域
店舗開発、FC展開に必要な売上予測、ドミナント政策の検証、競合店分析などが可能です。候補物件や既存店の商圏データを集計し、出店計画の効率化を図ることができます。

商圏分析
商圏分析

【商圏調査 例2】顧客分析

対象商圏:実際に顧客がいる地域
ポイントカードやPOSシステム、会員リスト等を取込、エリアシェアや顧客分布を分析することができます。実勢商圏を把握することで販促戦略、ドミナント戦略につながります。

商圏分析

【商圏調査 例3】営業エリアの最適化、支店の統廃合

対象商圏:支店、営業マンの担当地域
会員や顧客データを取り込み、地図上でピンポイントの管理が可能です。戸宅訪問、ルート営業など一軒一軒のクライアントをサポートする業務を効率化します。

【商圏調査 例4】販促分析

対対象商圏:販促エリアと仮定した地域
ターゲット層が多く存在する「販促すべきエリア」を選定できるため、販促の強化・効率化を図ることができます。販促実施後のレスポンス分析(効果測定)も可能です。

商圏分析

チェーン店情報の表示

パッケージ製品の1つ、『TerraMapWeb』の背景には駅やコンビニはもちろん、主要チェーン店やスーパー、金融機関など様々な施設があります。
その中で特に表示したいものを選択し表示する機能がついております。
ゼンリン社が独自に整備した全国の施設情報のうち、各カテゴリに区分された約63万件もの検索データをご利用戴くことが可能です。
・駅
・ガソリンスタンド、レンタカーなど
・スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ホームセンターなど
・病院、役所など
・金融、郵便局など
・ファミレス、各種飲食店など
・小中学校など
他にも多数のデータを表示することができます。

もっと詳しく知りたい方へ

商圏分析の進め方や効果、商圏分析ソフトの選び方についてお知りになりたい方はこちらもご確認ください。

GISグループ広報担当