クラスターデータ/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

クラスターデータの意味

クラスターデータとは、「cluster(集団、群れ)」のデータ。つまり、ある特定の集団でグループ分けされたデータという意味です。主にクラスター分析などの手法に使用する統計データなどを指しています。

エリアマーケティングや売上予測を行う際の使い方としては、

  • ・お客様の対象となる属性の基準の判断
  • ・似たグループがお客様になり得るかを判断
  • ・新規開拓を行う際にアプローチ先の選定

など、マーケティング業務上での「ターゲット分析」や「ペルソナ分析」などに使用します。

マップマーケティング社のクラスターデータ
「Staticタウン」

マップマーケティング社が販売しているクラスターデータ「Staticタウン」では、全国約18万件の町丁目ごとの年齢別人口、世帯構成、住宅種別、就業状況、産業別人口、通勤方法、賃金給与形態、所得水準、公共交通機関利用率、学歴など様々な統計データをもとに、作成された地域の特性を表わすデータを使用しています。

クラスター分析をマーケティング施策に活かす

クラスター分析では、まず始めにデータをいくつかのクラスター(集団、群れ)に分けます。

そのうえで、クラスターが自社のターゲット層に当てはまるか、プロモーションを行った際にコンバージョンを獲得できるかなど、マーケティング施策を行ううえでの判断材料にします。

Staticタウン2013 クラスタ相関図

東京都とその周辺をStaticタウン(6グループ)で色分け

マップマーケティング社のクラスターデータ「Staticタウン」では、さまざまな統計データから町丁目のエリアごとにその特性をわけ、自社のターゲットとなるユーザがどのエリアに住んでいるかなどを分析・可視化しやすくなっています。

東京都をクラスター分析しエリアを色分けした結果

そのため、自社のターゲットユーザのクラスターを把握し、このデータを使用することで、ポスティングや折り込みチラシ、エリアマーケティング広告などのプロモーション活動の精度向上などに役立ちます

GISグループ広報担当