コーホート要因法/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

ある期間に出生した人口の変化をとらえ、将来の人口を予測する手法の1つ。日本では将来人口を出す最も一般的な方法で、国立社会保障・人口問題研究所で発表されている「将来推計人口」で使用されている。年齢別人口の、加齢に伴って生ずる年々の変化を、死亡、出生、転居や移動など、要因ごとに計算し将来の人口を求める。

TerraMapオプションデータ「未来人口データ」では「コーホート要因法」をベースに、弊社で推計・算出。

未来人口データの活用例

未来人口データ

5年後、10年後とエリアの将来を見据えた商圏分析が可能です。

GISグループ広報担当