仮想商圏/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

店舗への集客が可能であると仮定した地域。または販促エリアと仮定した地域。
予測商圏、想定商圏とも呼ばれ、同義語となります。

店舗開発、FC(フランチャイズ)展開に必要な売上予測、ドミナント政策の検証、競合店分析などが可能です。候補物件や既存店の商圏データを集計し、出店計画の効率化を図ることができます。
ターゲット層が多く存在する「販促すべきエリア」を選定できるため、販促の強化・効率化を図ることができます。販促実施後のレスポンス分析(効果測定)も可能です。

商圏分析

商圏分析

GISグループ広報担当