エリアマーケティングGISを
最大限に活用するためには

エリアマーケティングGISは、主に「店舗開発」「販売促進」「顧客データ分析」のシーンで活躍している商圏分析ソフトです。
「店舗開発」では、出店計画や競合店分析・売上予測、
「販売促進」では、チラシ配布エリアの最適化・レスポンス分析、
「顧客データ分析」では、POS・会員データを取り込んで顧客分布、
実勢商圏の強弱エリアの把握・戸宅訪問のシーンなどで有効です。

エリアマーケティングGISの3つの活用方法

エリアマーケティングGISには、主に以下の3つの活用方法などがあります。

  • 店舗開発・出来店分析
  • 販売促進
  • 顧客データ分析
地図にさまざまな情報を重ね、その重ね合わせた情報を分析するGIS(Geographic Information System:地理情報システム)。
その中でも弊社製品のGIS「TerraMap」シリーズは、エリアマーケティングGISとして特化しています。
地域の特性などを分析し、目的に合わせたエリアマーケティングを可能にするため、その機能や操作性は企業活動を最大限サポートできるように特化しています。

エリアマーケティングGISの用途にあわせた活用方法

エリアマーケティングGISを活用すると、

  • 広告を出稿した、
    または反響があったエリアの分析
  • 出店候補地の分析
  • 商圏エリアのお客様の属性の可視化
  • 統計データを使った客観的な分析と
    レポーティング
  • レポート作成機能を活用した
    報告業務の効率化
などさまざまな用途で、分析業務をサポートします。 そのため、店舗開発業務での出来店分析から販売促進、顧客データ分析での業務において、エリアマーケティングGISは幅広くご活用いただけます。
それぞれの目的に合わせた用途は以下のページにて詳しく解説しています。

  • 活用方法その1:店舗開発・出退店分析

    立地分析や売上予測を始め競合店分析やFC展開にとご活用いただけます。候補物件周辺の人口や世帯数などを集計し、簡単に商圏分析を行なうことができます。 出店可否をジャッジする際など出店計画にお役立ていただけます。

  • 活用方法その2:販売促進

    折込チラシ・ポスティング・DMなどへの活用で販促すべきエリアが見えてきます。家族構成や物件種別などさまざまな国勢調査データを地図に反映することで、チラシやポスティング配布エリアの最適化を図れます。 販促計画や無駄打ちの減少などにお役立ていただけます。

  • 活用方法その3:顧客データ分析

    会員データやPOSデータを活用して実勢商圏の把握、地図上でピンポイントの顧客データ分析が可能です。ポイントカードなどの顧客情報を地図に反映することで、自店の強弱エリアを可視化することができます。 その後の販促計画にも繋がります。貴社のエリア戦略の構築にお役立ていただけます。