国立社会保障・人口問題研究所/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

厚生労働省の施設等機関。人口と社会保障の関連や、福祉向上を資する社会保障、少子高齢化に関する人口問題の調査研究を行う。
少子高齢化や経済成長の鈍化により、人口と社会保障の関係は密接となった。人口問題研究所では5年毎に出生動向基本調査を行い、コーホート要因法を使い算出した「将来推計人口」を発表。

TerraMapオプションデータ「未来人口データ」ではコーホート要因法をベースに、弊社で推計・算出。
将来を見据えた「人口データ」としてリリースしている。

未来人口データの活用例

未来人口データ

5年後、10年後とエリアの将来を見据えた商圏分析が可能です。

GISグループ広報担当