エリアマーケティングソフト(GIS)/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

出店戦略・販売戦略を行うために、地域特性を調査することを目的に開発された地理情報システム。
エリアマーケティングを目的として開発されたGISのことです。

エリアマーケティングソフト(GIS)
TerraMap(テラマップ)とは

全国地図と国勢調査データがパッケージングされたエリアマーケティングソフト(GIS)です。
エリアマーケティングに特化したGISエンジンを自社で開発しています。エリアマーケティングを行ない易いようメニューやアイコンを配置し、より少ないクリック数で目的を達成できるよう操作性を追求しています。

また、エリアマーケティングの要となる日々変わる住所についても、弊社では官公庁から資料を取り寄せ、プロフェッショナルな専門部署がデータを更新しています。町丁目という細かい単位で、 エリアマーケティングをすることが可能となります。

【エリアマーケティングソフト(GIS)活用方法1】 出店分析

店舗開発、FC展開に必要な売上予測、ドミナント政策の検証、競合店分析などが可能です。候補物件や既存店の商圏データを集計し、出店計画の効率化を図ることができます。

商圏分析

商圏分析

【エリアマーケティングソフト(GIS)活用方法2】
販促分析

ターゲット層が多く存在する「販促すべきエリア」を選定できるため、販促の強化・効率化を図ることができます。販促実施後のレスポンス分析(効果測定)も可能です。

商圏分析

【エリアマーケティングソフト(GIS)活用方法3】顧客分析

ポイントカードやPOSシステム、会員リスト等を取込、エリアシェアや顧客分布を分析することができます。実勢商圏を把握することで販促戦略、ドミナント戦略につながります。

商圏分析

【エリアマーケティングソフト(GIS)活用方法4】顧客データ管理

データを取り込み、地図上でピンポイントの管理が可能です。戸宅訪問、ルート営業など一軒一軒のクライアントをサポートする業務を効率化します。

GISグループ広報担当