エリア分析/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

地域特性を調査し、出店戦略・販売戦略を行うこと。
「この地域はお年寄りが多い」など、どのエリアにどんな人たちが住んでいるのか地域特性を調査することです。
ひとことで言うと、お客様(ターゲット)がどこにいるのかを見つけることです。
例えば、ミニバンの販促チラシを投下するのであれば、単身世帯の多い地域より、ファミリー層の多い地域が効率的なのではないでしょうか。
このようなターゲットエリアを見つけることに適しているのがエリア分析ソフト(GIS)です。エリア分析ソフト(GIS)ではたくさんのことが可能です。

【エリア分析ソフト(GIS) 例1】
出店分析

店舗開発、FC展開に必要な売上予測、ドミナント政策の検証、競合店分析などが可能です。候補物件や既存店の商圏データを集計し、出店計画の効率化を図ることができます。

【エリア分析ソフト(GIS) 例2】
販促分析

ターゲット層が多く存在する「販促すべきエリア」を選定できるため、販促の強化・効率化を図ることができます。販促実施後のレスポンス分析(効果測定)も可能です。

【エリア分析ソフト(GIS) 例3】
顧客分析

ポイントカードやPOSシステム、会員リスト等を取込、エリアシェアや顧客分布を分析することができます。実勢商圏を把握することで販促戦略、ドミナント戦略につながります。

【エリア分析ソフト(GIS) 例4】
顧客データ管理

データを取り込み、地図上でピンポイントの管理が可能です。戸宅訪問、ルート営業など一軒一軒のクライアントをサポートする業務を効率化します。

GISグループ広報担当