婦人子供比/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

母親となる年齢層に対する子どもの割合。

婦人子ども比とは、母親となる年齢層(25~34歳)に対する0~4歳の子ども(男児・女児)の割合であり、この比率を用いることによって将来(t+5)年時点の男女別・0~4歳人口を近似値的に求めることができる。算出式は次のとおり。

婦人こども(男・女児)比=男女別・t年0~4歳人口 / t年女子25~34歳人口

  • ※ 婦人子ども比は,原則として過去の2ポイント(平成7年、平成12年)の平均を採るが、値が不自然な場合は過去の傾向を勘案して仮定すること。
  • ※ 人口規模が小さい市町村においては、婦人子ども比の誤差が大きくなる可能性があるので、都道府県データを用いた婦人子ども比を使用することが望ましい。
  • ※t:基準年次t年
  • (厚生労働省ホームページより引用)

GISグループ広報担当