ポリゴン/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

多角形のこと。
三次元のコンピューターグラフィックスで、立体形状を表現するために使われます。
GIS(geographic information system)では、国勢調査などの統計データや顧客データをGISにマッピングする際、データを集計する単位(いわゆるデータの“器”)となります単位の種類として大きく分けると、行政界区画(●●町2丁目の範囲等)とメッシュ区画があります。

行政界ポリゴンとは

各自治体の区画整理などで市区町村・大字・町丁目などの行政界は日々、変更・新設されていきますので、GISで正確なマーケティングを行なうには、その変更・新設に対応した「ポリゴン」が必要です。そこで、弊社では官報をもとに行政界ポリゴンを編集しており、データ整備が困難だとされている「町丁目ポリゴン」も毎年、最新情報にメンテナンスしています。(※保守サービスとしてユーザ様は無料で更新しています)
エリアマーケティングを行なうには、行政界の変更・新設に対応している地図データ「ポリゴン」が必要なので、もし、その「ポリゴン」が古いままだと、当然、正確な分析結果はでてきません。

GISグループ広報担当