販売促進/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

展示会・店頭での実演や見本配布などをつうじて、消費者の購買欲を刺激し、販売業者を助ける活動。略語として「販促」とも呼ばれ、同じ意味となります。
時にはセールスプロモーションとも呼ばれます。
販売数や売上の増加を目的として行う、マーケティング活動を指します。

エリアマーケティングにおける販売促進

エリアマーケティングを行うことで、より効率的で費用対効果の高い販売促進活動を行うことが可能です。
エリアマーケティングにおける販売促進で役立つツールがTerraMap(テラマップ)です。

TerraMap(テラマップ)とは

1.エリアマーケティングソフトです。

どのエリアにどんな人たちが住んでいるのか?TerraMap(テラマップ)は町丁目という細かい単位で、街の特性を見つけることができます。

2.国内唯一の「販促プランニングGIS」です。

TerraMapシリーズの基本操作で、簡単に販促エリアの指定に必要な情報を抽出できます。レスポンスの高いエリア、本当に販促を実施したいエリアだけを抽出し、販促費用の適正化にもご利用頂けます。
さらに「TerraMapシリーズ」に標準搭載の「Terraレポート機能」を使えば、商圏分析データを簡単にレポート化することができます。

3.新規顧客を増やすお手伝いをします。

貴社や貴社クライアントのターゲットエリアを見つけ出します。
TerraMap(テラマップ)は費用対効果の高い販促活動と、新規顧客獲得をサポートします。

4. ご担当者様の“時間”を作りだします。

ターゲットエリアの分析をするだけではなく、見積もり依頼発行まで
ワンストップで行なえます。TerraMap(テラマップ)は販促ご担当者様の業務効率をアップします。

GISグループ広報担当