販促/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

販売促進(セールスプロモーション)の略語。販売促進と同じ意味となります。
展示会・店頭での実演や見本配布などをつうじて、消費者の購買欲を刺激し、販売業者を助ける活動のことを指します。

エリアマーケティング(GIS)における「販促」

エリアマーケティングを行うことで、より効率的で費用対効果の高い販促活動を行うことが可能です。
エリアマーケティングにおける販促で役立つツールがTerraMap(テラマップ)です。

TerraMap(テラマップ)とは

1.エリアマーケティングソフトです。

どのエリアにどんな人たちが住んでいるのか?TerraMap(テラマップ)は町丁目という細かい単位で、街の特性を見つけることができます。

2.国内唯一の「販促プランニングGIS」です。

タウンプラスだけでなく、折込チラシ、リクルート社のタウンマーケット(搭載予定)、ヤマトグループのエリアダイアログ、ポスティング、ベルマックス電話帳データ、オートコール、ぱど、楽天トラベルのダイレクトメールなど、多数の媒体・メディアの分析が可能です。各企業とのタイアップによりTerraMap(テラマップ)ユーザだけの特典も充実しています。

3.新規顧客を増やすお手伝いをします。

貴社や貴社クライアントのターゲットエリアを見つけ出します。
TerraMap(テラマップ)は費用対効果の高い販促活動と、新規顧客獲得をサポートします。

4. ご担当者様の“時間”を作りだします。

ターゲットエリアの分析をするだけではなく、見積もり依頼発行まで
ワンストップで行なえます。TerraMap(テラマップ)は販促ご担当者様の業務効率をアップします。

GISグループ広報担当