【業種別GIS分析事例】不動産業界(住宅販売、耐震工事などのリフォーム、建築業など)/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

不動産業界の住宅販売、耐震工事などのリフォーム、建築業などの分析目的は、
新規出店・店舗統廃合・既存店分析・集客のためのチラシ配布などの販売促進・
囲い込みやロイヤルカスタマー育成の顧客分析・営業エリア選定など多岐にわた
ります。

特に利用されるデータは、持ち家借家主世帯数・世帯面積・居住期間・他県通勤
人口・築年数住宅になります。

■リフォームデータ2014(平成26年)
リフォームニーズの値は、野村総合研究所の独自解析手法によって推計されており、国勢調査・住民基本台帳のデータ、及び野村総合研究所が独自に実施した新築・リフォームに関する消費者調査結果(全国7万サンプル)が推計に利用されています。

■持ち家主世帯数
持ち家が多い地域を把握することができます。
平成22年国勢調査データ

・ 一戸建持ち家主世帯数
・ 長屋建持ち家主世帯数
・ 共同住宅持ち家主世帯数
・ その他持ち家主世帯数
など各種項目がございます。

■世帯面積
狭い住宅に住む世帯数を把握できます。
平成22年国勢調査データ

・ 0-29平米に住む一般世帯数
・ 30~49平米に住む一般世帯数
・ 50~69平米に住む一般世帯数
・ 70~99平米に住む一般世帯数
など各種項目がございます。

■居住期間データ(国勢調査その2)
居住期間によるグラフもレポートで見ることができます。
平成22年国勢調査データ・オプションその2

・ 居住が出生時から人口
・ 居住が1年未満人口
・ 居住が1年以上5年未満人口
など各種項目がございます。

■他県通勤人口データ(国勢調査その3)
他県や他市区町村へ通勤・通学している人口を見ることができます。
平成22年国勢調査データ・オプションその3

・ 他市区町村通勤人口
・ 自市内他区通勤人口
・ 県内他市区町村通勤人口
・ 他県通勤人口
・ 15歳以上通学人口
など各種項目がございます。

■築年数データ
持ち家・借家ごとに築年数の住宅数を把握できます。
築年数データ

・ 昭和35年以前持ち家
・ 昭和36年~45年持ち家
・ 昭和46年~55年持ち家
・ 昭和56年~平成2年持ち家
など各種項目がございます。

そのほか、未来人口や年収別世帯数推計データ、地域プロファイリングデータも
多く利用されています。

■未来人口データ
未来人口データ

2020年から2045年までの「人口データ」です。
これから労働力となる可能性があるシニア女性や19歳以下の人口なども可視化
できるデータです。
将来を見据えた出店計画や集客のためのチラシ配布などの販売促進、囲い込みや
ロイヤルカスタマー育成の顧客分析などのマーケティングが可能です。

■年収別世帯数推計データ
年収別世帯数推計データ

「購買力」意識した新規出店、店舗統廃合、既存店分析、集客のためのチラシ
配布などの販売促進、囲い込みやロイヤルカスタマー育成の顧客分析、営業エ
リア選定のマーケティングが可能となります。

■地域プロファイリングデータ
地域プロファイリングデータ

エリアマーケティング専用の生活者分類データです。
地域特性に合わせた新規出店、店舗統廃合、既存店分析、集客のためのチラシ配
布などの販売促進、囲い込みやロイヤルカスタマー育成の顧客分析、営業エリア
選定のマーケティングが可能となります。

もっと詳しく知りたい方へ

商圏分析の進め方や効果、商圏分析ソフトの選び方についてお知りになりたい方はこちらもご確認ください。

GISグループ広報担当