築年数データ

平成30年の住宅・土地統計調査から市区町村ごとの建築時期別世帯比率を算出し、その比率を平成27年国勢調査データの町丁目別住宅の所有形態別世帯数に掛け合わせています。
こちらのデータは、マップマーケティング株式会社が独自に加工したデータです。

町丁目

Web
Web Plus
Standard
DX

各製品標準搭載
オプション

築年数データのデータ項目

項目数

39項目

収録データ抜粋(大分類)

住宅の建築の時期 ※(総数/ 持ち家/借家)3種

上記はデータ項目の大分類のみを抜粋したものです。詳細はこちらからご確認ください。

平均築年数(新規データ項目)について

平成30年住宅・土地統計調査データの追加を行い、加重平均を使用した平均築年数算出が可能となり、エリアの築年数比較が容易になりました

練馬区の例

光が丘1,2,5丁目は平均築年数30年以上の練馬区の中でも古い物件エリア。高松3,5丁目、谷原1丁目は平均築年数20年程度の築浅エリア。

GISエリアマーケティングツールによる築年数データの抽出イメージ

築年数データの価格と仕様

価格

¥500,000(税別)

集計単位

町丁目(大字、市区町村、都道府県含む)

収録単位

全国

更新頻度

5年

販売単位

1法人

・内容につきましては、予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。
・データによっては、推計データの項目がある場合やマップマーケティング株式会社が独自に加工をしたデータの場合がございます。