シミュレーション/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

ある現象を、人為的、模擬的に現出すること。想定される条件などを取り入れて、実際に近い状況をつくり出し、その現象を検証すること。
GISにおける「シミュレーション」は、店舗展開、拠点・営業所の設置、営業員の顧客訪問などで行われます。
拠点などを地図上に表示し、営業活動・製品配達などにおいて売上増加や効率化が期待できるかなどの検証を行います。

店舗の統廃合おけるシミュレーションの一例を以下に記載します。

店舗の統廃合におけるシミュレーションをするために
-1.既存店舗の位置を把握(既存店舗の商圏分析)

既存店舗を地図上にプロットし、商圏(仮定商圏)を作成します。店舗の売上を取り込むと、グラフ化することによって製品別売上比率等を見ることができます。

商圏分析

店舗の統廃合におけるシミュレーションをするために
-2.顧客データの分析

顧客データを地図上にプロットし、実勢商圏を把握します。
どこから顧客がきているかを地図上で見ることができるため、顧客を取り合っている店舗等を把握できます。
ターゲットとなる人口等を母数にすることでシェアの算出や、地域別売上(マーケットポテンシャル)も見ることができます。マーケットポテンシャルが大きいところが新店舗候補地となる可能性が高いようです。

商圏分析

店舗の統廃合におけるシミュレーションをするために
-3.空き物件の商圏把握(候補地の商圏分析)

再配置する店舗の候補地を地図上におとしこみ、実勢商圏・マーケットポテンシャルなどと重ね合わせて、物件を絞り込むことができます。

商圏分析

GISグループ広報担当