店舗分析/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

既存店舗の売上、顧客の属性・特徴・来店回数・売上金額・来店時間、周辺環境、地域特性など、店舗の売上に関係すると思われるものを調査すること。

大きく2種類に分けられます。
1つは既存店の分析です。もう1つは、新規に出店する候補地の分析となります。両方とも店舗における現状把握を行い、戦略等を見つけ出す材料の1つとなります。

候補物件の商圏人口を知っていますか?

例えば、売上げを左右する要因が仮に35歳?60歳人口であるとすれば、TerraMap(テラマップ)標準搭載の年齢別人口データと、商圏作成機能を使い簡単に要因となるデータを抽出することが可能です。この作業を全て人の手で行えばかなりの時間を費やすことになるでしょう。

TerraMap(テラマップ)を導入後、お客様より「出店分析の効率が飛躍的の向上した」とのご意見は多く頂いております。

商圏特性をしっかり把握していますか?

地図を使ったエリアマーケティングの特徴として、「統計データをビジュアル的に表現できる」ことが大きな役割となります。
例えば、商圏内の総人口、各町丁目・各メッシュの人口が解ったとしても、その文字と数字のみの資料を担当者が持って現場に行って、果たして効率よく商圏特性を把握することができるでしょうか?
また、担当者以外の人に商圏特性を説明する際に解りやすい資料として活用できるでしょうか? 
TerraMap(テラマップ)は商圏特性をグラフ・レンジ機能により様々な形と色で表現することが可能です。誰が見ても解りやすい資料は説得力が断然違うはずです。

お持ちのデータを出店に活用してますか?

住所付きのデータをお持ちであれば、住所を元に自社及び競合の店舗データを地図上にプロットすることがTerraMap(テラマップ)で可能です。店舗データを地図上にプロットすることで、商圏内の競合店舗を容易に把握できます。(競合データを集計することも可能)

また、出店空白地の選定にも役立ちます。TerraMap(テラマップ)を活用されている店舗開発のお客様の多くは、自社及び競合店を地図上にプロットし、出店分析に役立たせています。複数の店舗をお持ちの企業様であれば、多くはホームページ上で店舗のデータを確認することが出来るので、地図上に簡単にプロットし役立たせることができます。

既存店分析について

上記を踏まえた既存店舗分析を例を以下に記載します。

【既存店舗分析 例1】 顧客分析
対象商圏:実際に顧客がいる地域
ポイントカードやPOSシステム、会員リスト等を取込、エリアシェアや顧客分布を分析することができます。実勢商圏を把握することで販促戦略、ドミナント戦略につながります。

【既存店舗分析 例2】 営業エリアの最適化、支店の統廃合
対象商圏:支店、営業マンの担当地域
会員や顧客データを取り込み、地図上でピンポイントの管理が可能です。戸宅訪問、ルート営業など一軒一軒のクライアントをサポートする業務を効率化します。

【既存店舗分析 例3】 販促分析
対象商圏:販促エリアと仮定した地域
ターゲット層が多く存在する「販促すべきエリア」を選定できるため、販促の強化・効率化を図ることができます。販促実施後のレスポンス分析(効果測定)も可能です。

新店舗分析について

店舗を新しく出店する際には、いくつかの候補物件からもっとも売上げが見込まれる物件を選ぶ必要があります。その売上を予測する際、候補物件の商圏を的確に把握した上で、将来の顧客数・売上げを予測する必要があります。

【新店舗分析 例】 店舗分析
対象商圏:店舗への集客が可能であると仮定した地域
店舗開発、FC展開に必要な売上予測、ドミナント政策の検証、競合店分析などが可能です。候補物件や既存店の商圏データを集計し、出店計画の効率化を図ることができます。

もっと詳しく知りたい方へ

店舗開発や出退店分析でのエリアマーケティングについて詳しくお知りになりたい方はこちらもご確認ください。

GISグループ広報担当