顧客データを使った商圏分析の方法と活用例

顧客データ分析・管理の分野での商圏分析の例をご紹介します。
会員データやPOSデータを活用して実勢商圏の把握、地図上でピンポイントの顧客管理が可能です。ポイントカードなどの顧客情報を地図に反映することで、自店の強弱エリアを可視化することができます。 その後の販促計画にも繋がります。貴社のエリア戦略の構築にお役立ていただけます。

顧客データを使った活用方法例

自社の強いエリア・弱いエリアを分析

顧客データを地図にプロットすることで、どこからお客様が来店しているのかが見えてきます。さらに、国勢調査データと組み合わせて分析することで、どのエリアが強いのかが一目でわかるようになります。

顧客データ分析からエリアごとのシェア分析まで

店舗のカニバリゼーションを防ぐ

店舗同士で商圏が被ってしまうカニバリゼーション。新たに店舗を出店した際に、既存店の商圏と重なってしまい、自社の店舗同士で顧客を取り合ってしまう場合があります。

カニバリゼーションエリアの分析
//PC