店舗のカニバリゼーションを防ぐ

店舗同士で商圏が被ってしまうカニバリゼーション。新たに店舗を出店した際に、既存店の商圏と重なってしまい、自社の店舗同士で顧客を取り合ってしまう場合があります。

ステップ1

カニバリゼーションエリアを把握

各店舗の顧客データを地図にプロットすることで、カニバリゼーションの有無と具体的なエリアを把握することができます。
新規出店の際のシミュレーションはもちろん、店舗の統廃合や販促エリアの策定などにお役立てください。

顧客データ分析からエリアごとのシェア分析まで
ステップ2

テリトリの作成

カニバリゼーションエリアが把握できたら、各店舗のテリトリを作成するのも有効です。
チラシをまく際に、「1丁目はA店舗、2丁目はB店舗」というように棲み分けを行うのもカニバリゼーションを回避する方法の一つです。

顧客データ分析からエリアごとのシェア分析まで