トステムビバ株式会社

各店舗の顧客データを分析し、店舗運営に効率良く活用していくためにGISの導入を検討していました。 様々なメーカーの資料を取り寄せ、時間を掛けて検討した結果マップマーケティングの「TerraMap」を導入しました。選んだポイントを挙げるならば「町丁目での分析が可能」「操作が簡単で地図が見やすい」「低価格で必要十分な機能」になります。操作する担当者が1名ではありませんので、活用していくにあたり操作の覚えやすいことが最重要でした。

顧客データの分析

各店舗の顧客データを地図上にプロットして顧客分布図を作成しています。さらに各顧客の購入品目を町丁目ごとで集計し、どの地域でどんな品目が消費されているかなどの分析を進めています。その結果を折込チラシの配布エリアや掲載内容に反映させ、効率良い販促ツールとして活用していきたいと考えています。シェア分析なども今後行なっていきたいと考えています。

導入後の効果

顧客データを点やグラフなど様々な形で表示することで数字だけでは解らなかった顧客、地域の特徴を把握可能だと思います。顧客データを活用するには自社で分析自体の方法論も考える必要があるので、今後も「TerraMap」の活用方法を勉強していきたいと思います。