立地調査/ エリアマーケティング・商圏分析・GIS用語集

意味

店舗等を出すにあたり、候補物件が1階にあるのか、入口は道路側なのか、駅からの動線はどうなっているのか、などの物件情報や、ターゲットとなる居住地域特性や年齢層などの周辺の地域を調査すること。候補地分析とも呼ばれ、同義語となります。

いくつかある候補物件を選定する際に売上が見込まれる物件を選ぶ必要があります。

その予測を行う際に、商圏の特性を的確に把握することが、将来、顧客の集客、売上げ増加のポイントとなります。

候補物件の商圏人口を知っていますか?

立地調査の際、店舗のターゲットとなる年齢層や性別、職業などの地域特性を把握することが重要になります。

例えば、売上げを左右する要因が仮に35歳から60歳人口であるとすれば、年齢別人口を調査する必要がでてきます。この作業を独自に行うのは手間と労力がかかります。

TerraMap(テラマップ)シリーズ標準搭載の年齢別人口と商圏作成機能を使って簡単に要因となるデータを抽出、可視化することが可能となります。

TerraMap(テラマップ)シリーズを導入後、お客様より「出店分析の効率が飛躍的の向上した」とのご意見は多く頂いております。

立地調査 画像1

商圏特性をしっかり把握していますか?

地図を使ったエリアマーケティングの特徴として、「統計データをビジュアル的に表現できる」ことが大きな役割となります。

例えば、商圏内の総人口、各町丁目・各メッシュの人口が解ったとしても、その文字と数字のみの資料を担当者が持って現場に行って、果たして効率よく商圏特性を把握することができるでしょうか?
また、担当者以外の人に商圏特性を説明する際に解りやすい資料として活用できるでしょうか?
TerraMap(テラマップ)は商圏特性をグラフ・レンジ機能により様々な形と色で表現することが可能です。誰が見ても解りやすい資料は説得力が断然違うはずです。

立地調査 画像2
立地調査 画像3

チェーン店情報の表示

パッケージ製品の1つ、『TerraMapWeb』の背景には駅やコンビニはもちろん、主要チェーン店やスーパー、金融機関など様々な施設があります。 その中で特に表示したいものを選択し表示する機能がついております。 ゼンリン社が独自に整備した全国の施設情報のうち、各カテゴリに区分された約63万件もの検索データをご利用戴くことが可能です。

・駅

・ガソリンスタンド、レンタカーなど

・スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ホームセンターなど

・病院、役所など

・金融、郵便局など

・ファミレス、各種飲食店など

・小中学校など

他にも多数のデータを表示することができます。

もっと詳しく知りたい方へ

店舗の立地分析や出退店分析でのエリアマーケティングについて詳しくお知りになりたい方はこちらもご確認ください。

GISグループ広報担当