年収データを活用した集客キャンペーン

年収別世帯数データを活用すると、ターゲットの年収層に応じた効果の高い商圏分析が可能になります。

ステップ1

年収データを選んで商圏作成

例えば、高価格帯の幼児教室の集客キャンペーン。そのチラシはどこに撒くべきか。
その際に有効なデータが年収別世帯数推計データ(年収データ)です。
年収データは、「町丁目」という細かい町の単位で「年収500~600万円の世帯数」「年収600~700万円の世帯数」「年収700~800万円の世帯数」といったことを見ることができます。
年収層に応じたマーケティングが可能です。

年収別世帯推計データ
(データ項目の一部)
年収200万円未満世帯数
年収200~300万円世帯数
年収300~400万円世帯数
年収900~1000万円世帯数
年収1000~1500万円世帯数
年収1500万円以上世帯数
行政界平均年収

※年収別世帯数推計データの一部のデータ項目

ステップ2

複数データをクロス集計

高価格帯の幼児教室の集客キャンペーンの場合、年収データだけではなく乳幼児のいる世帯であることも考慮する必要があります。
乳幼児(6歳未満と想定)のいる世帯と年収700万円以上の世帯比率をクロス集計することで、販促を仕掛けるべきエリアを発見することができます。
また、学習塾などの場合、最終学歴や在学者数、居住期間データなどで分析ができる「国勢調査データ その2」というデータも有効です。
年収別世帯数推計データはTerraMap DXに標準搭載(全国・町丁目版)されています。

顧客データ分析からエリアごとのシェア分析まで
ステップ3

年収レポートで商圏分析資料を作成

年収データを使用した特別な商圏分析レポートを出力することもできます。年収レポートはエリア内の収入に関する項目を見やすく帳票化されているのでそのまま提案資料にもご活用いただけます。

顧客データ分析からエリアごとのシェア分析まで