株式会社あきんどスシロー

以前より活用していたマップマーケティング㈱の「TerraCustomer」が非常に使い勝手が良かったので、後継モデルの「TerraMap」も追加で購入しました。また、価格が低価格なことも追加購入の理由です。 「TerraMap」は「TerraCustomer」に比べ昭文社のマップル地図を使っているので、とても見やすく詳細なデータが記載されており助かります。ロードサイドなどの飲食店も多く記載されているので現場に地図を資料として持っていっても場所の特定がしやすいです。「TerraMap」は国勢調査のデータも必要十分に搭載されているので、使うデータには満足しています。

新規出店の際の足元商圏の調査に活用

出店が進むにつれて既存店・新規店との商圏の重複具合を出店調査の中で重要視しています。特に既存店の多い近畿圏では、新規店が既存店に与える影響も大きいです。 「TerraMap」を使えば簡単に地図上で商圏円を描くことが可能なので、商圏の重複具合をすぐに確認することが可能です。また、商圏円内の人口数や世帯数のデータも簡単に抽出できるので、モデル店と既存店、モデル店と新規出店候補物件の商圏との比較も簡単にできます。

導入後の効果

以前より使っていた「TerraCustomer」に比べ、地図が詳細なので使い勝手が良くなりました。 また、操作性が良いことと、必要充分な機能とデータを搭載しているので新規出店の際の商圏分析が 容易に出来ます。表計算ソフトに簡単に地図と商圏データを貼り付けられるのも良い点です。 GISを導入するまでは全てが手作業だったので、作業時間の短縮にもなっています