貯蓄推計データ2014のデータ項目

貯蓄現在高の詳細を地域平均値で把握可能に! 貯蓄額の多い世帯は、マーケティングにおいて重要なターゲットとなります。シニアなど年収ではわからない「購買力」の把握が可能となり不動産販売、銀行、信金、信組、生保、カーディーラー等のさまざまなマーケットで活躍しているデータです。 販売促進はもちろん店舗開発や顧客分析にもご活用いただけます。 平成26年全国消費実態調査と、平成26年度 市町村別決算状況調の歳入内訳、および、国勢調査に基づく世帯主の年齢別世帯比率数を元にして、貯蓄額の詳細について一般世帯数で地域平均値を算出しています。

データ項目数

データ項目数 全7項目

データ項目一覧

大分類データ項目
推計世帯平均額貯蓄一般世帯数
貯蓄総額世帯平均
通貨性預貯金世帯平均
定期性預貯金世帯平均
生命保険など世帯平均
有価証券世帯平均
その他貯蓄世帯平均

・単位:万円
・内容につきましては、予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。
・2ライセンス以上は別途ご相談ください。
・データによっては、推計データの項目がある場合やマップマーケティング株式会社が独自に加工をしたデータの場合がございます。