町丁目ポリゴンデータ

町丁目ポリゴンは、官報および自治体の情報をもとに作成・更新されている、〇町や〇丁目などの行政界エリアデータのこと。このデータは、エリアマーケティングGIS「TerraMapシリーズ」に標準搭載されているエリアデータです。オリジナルデータですので、TerraMap以外の自社システムなどへも取り込めます。

町丁目ポリゴンとは、統計データを可視化するデータの一つ

行政界エリアデータの一つである「町丁目ポリゴン」。
このデータは、エリアマーケティングGISの地図データと統計データを繋いで可視化するエリアデータです。

町丁目ポリゴン サンプルイメージ

エリアマーケティングGISでは、都道府県や市区町村、大字、郵便番号、町丁目エリアなど、さまざまなレベルでのエリアデータが使用されています。これらの中でも、マップマーケティング社の町丁目ポリゴンデータは、細かくデータを反映・分析できるように、自社内で開発・メンテナンスしています。

市区町村・大字・町丁目別のポリゴンデータのイメージ

マップマーケティングの町丁目ポリゴンの特徴

マップマーケティングの町丁目ポリゴンデータには、さまざまな特徴があります。

特徴その1:自社のシステムへ転用が可能

マップマーケティングの町丁目ポリゴンは、エリアマーケティングGIS「TerraMap」シリーズ以外のツールにも導入可能です。自社のシステムに町丁目ポリゴンデータを導入し、広告の配布エリアを可視化・データ化したり、チラシ/ポスティングなどの広告発注システムに取り込むことで、依頼から発注までをスムーズにしたりすることも可能です。

日本列島

特徴その2:毎年メンテナンスしているためデータが新しい

マップマーケティング社の町丁目ポリゴンは、毎年社内で制作・メンテナンスしているため、変更があった区画変更に対応しています。
そのため、5年に1回行われる国勢調査よりも制度が高くなっています。

メンテナンス

特徴その3:TerraMapシリーズ上で最も細かいエリアデータ

町丁目は、市区町村や大字よりも細かいエリアデータの一つ。
統計データをより細かいエリアで反映できるため、販売促進や顧客データの分析などに役立ちます。

サーバー

メッシュデータやその他のエリアデータとの違い

マップマーケティングの町丁目ポリゴンと、メッシュデータや無償のポリゴンデータとはどういった点で違いがあるのでしょうか。

ポイント1:メッシュデータとの違い

町丁目ポリゴンとメッシュデータを比較した場合、以下のような違いが挙げられます。

町丁目で表示

  • 町丁目ポリゴンの特徴
  • 出退店、販売促進、顧客データ分析で使用
  • メンテナンスは必須
  • 各エリアの大小はさまざま
郵便番号エリアデータで表示

  • メッシュデータの特徴
  • 出退店で使用
  • メッシュの位置は固定
  • エリアの大きさは均等

ポイント2:無償ポリゴンデータとの違い

取り込むGIS製品によって違いはありますが、無償のポリゴンデータと弊社製品の町丁目のポリゴンデータでは、どのような違いがあるのでしょうか。

項目 無償ポリゴンデータ 弊社町丁目ポリゴンデータ
価格 無料 有償
更新 5年毎 毎年メンテナンス
他の統計データ 比較しづらい 比較しやすい
利用までの準備 加工が必要 簡単 ※導入サポートあり
サポート
API提供 要問合せ

町丁目ポリゴンデータの活用事例

活用事例その1:効果のある販促エリアの選定

町丁目で表示

輸入車保持比率の高いエリア

町丁目で表示

平均世帯年収の高いエリア

統計データを反映することで、エリアの特性を把握し、反響が見込めるエリアにのみ配布することも可能です。また反映するオプションデータも選べるため、自社の顧客データを反映し、顧客分析に活用することも可能です。

活用事例その2:自社の強いエリア・弱いエリアを分析

顧客データのインポートイメージ

顧客データをインポートしてポリゴンに重ねることで、集客しきれていないエリアを可視できます。
また、集客できているエリアの傾向を分析して、多店舗での集客に活かすことも可能です。

活用事例その3:複数条件でのエリア分析

町丁目ポリゴンのエリアデータをもとに、エリアマーケティングGISを活用することで、

  • ・店舗から3Km以内の商圏
  • ・人口〇人以上
  • ・6歳未満のいる夫婦と子供から成る一般世帯数が〇〇以上

上記の条件などに当てはまるエリアの選定が可能になります。
町丁目ポリゴンの中に含まれるデータも、エリアマーケティングGISを使用することで、CSVで人口データなども抽出・ダウンロードが可能です。

複数条件での商圏分析イメージ

町丁目ポリゴンデータは、TerraMap以外のツールにも導入可能

TerraMap内で多く活用されている町丁目ポリゴンデータは、TerraMap以外のツールに取り込むことも可能です。

町丁目ポリゴン(エリア)データの販売価格

価格

提供方法により変動するため要相談

収録単位

全国

更新頻度

年1回 ※最新データに対応いたします

納品形式

シェープファイル
※Geocodeとエリア名称(町丁目住所)が含まれています。別途 テキスト形式にて代表座標、面積、エリア名称一覧の提供が可能です。


町丁目ポリゴンデータ 注意事項

  • ・都府県の境界が重なる場合や隙間が発生している場合がございます。
  • ・公表されていない変更がある場合など実際の住所区画や地名と異なっている場合がございます。
  • ・地図加工の特性上、区画が完全に正確であることは保証できません
  • ・京都市の通り名および、大分市の通称名には対応しておりません。
     また 住所は全国統一の様式で設定されておりません。 例外が多数存在します。
     京都 市中心部は 条例により 「~一丁目」でも大字扱いとなっております。