学校区(小中学校校区・位置データ)

各自治体の定める小学校通学区域と中学校通学区域を学校区として提供するデータです。
学校区は、約1/25,000の地図縮尺で基本的に作成されていますが、各地図会社の詳細地図・市街地地図のあるところは号番地まで調査を行い、1/2,500で作成された学校区ポリゴンと学校位置ポイントで構成された桁区切り、名称、住所等を収録しています。

学校区(小中学校校区・位置データ)

広域にて小学校区を表示

広域にて小学校区・位置データを表示

小学校区境界付近の詳細表示

小学校区境界・小学校位置の詳細表示

小中学校校区・位置データをTerraMapシリーズに入れ、様々なユーザの保有する情報を付加することで、新規出店・統廃合計画・実勢商圏の把握・折込ポスティングの販促企画などマーケティング等における分析、計画の立案に利用できます。また、安全通学路の選定・防災・防犯・救急・消防などの住民支援などの公共分野まで幅広く活用できます。

学校区(小中学校校区・位置データ)活用例

新規出店、移転、統廃合計画

・学校の新設・統廃合
・塾、教育関連での教室の展開など

実勢商圏の把握

・塾、教育関連での受講生の把握
・学校における生徒居住の把握
・通学路危険区域の現状と対策
・不動産・住宅産業においては、周辺環境の把握、犯罪予防など

販促・広告計画

・若年層向け広告
・折込広告配布計画
・ポスティング配布計画など

選定・改善計画

・安全通学路の選定

・危険通学区域の改善計画

・ゴミ収集ルートの作成

・住民向け安全マップ作成と改善

・安全週間の指導員配置計画

・所轄警察との連携計画など

学校区を基準に、計画・実行、統計を取られているものは多くあります。
全国の犯罪データ、行政内の通学区域、自治会≦通学区域という構成から、ゴミ収集ルートの策定から警察との連携まで、多岐にわたり基準となっています。
国勢調査データ、商業統計データ、家計消費支出データ、人口推移データなど様々なデータと組合せることで、商圏の把握から、販売促進、改善計画、広告計画のシュミレーションなど、ビジュアル情報として分析を行えます。
※データ提供元=合同会社ジオ・ケイ

学校区(小中学校校区・位置データ)販売価格

学校区データベース
(小学校・中学校セット)

全国版:¥2,100,000(税別)
東日本:¥1,570,000(税別)
西日本:¥1,570,000(税別)

学校区データベース(小学校)

全国版:¥1,400,000(税別)
東日本:¥1,050,000(税別)
西日本:¥1,050,000(税別)

学校区データベース(中学校)

全国版:¥980,000(税別)
東日本:¥730,000(税別)
西日本:¥730,000(税別)

その他注意事項

※都市圏版・地方版・各都道府県毎の販売も行っております。
※上記価格はスタンドアロン(1端末)でのご利用価格です。複数台数でご利用の場合は別途お問い合わせください。
※上記価格とは別にTerraMapシリーズへの搭載作業費が掛かります。
※「小学校」または「中学校」のどちらかをご購入済みで、同一地域・同一年版の「中学校」および「小学校」を追加購入する場合、上記「小学校・中学校セット」の価格との差額にてご購入頂けます。
※東日本と西日本は中部地方を境にしております。(尚、中部地方はどちらにも収録されております。)
※更新版購入価格は、上記価格の50%相当額となります。(但し、購入日より3年以内に更新のご注文を頂く場合について適用)

お問い合わせ

マップマーケティング株式会社 ビジネスパートナーチーム
TEL:03-6455-0478
E-Mail:info@mapmarketing.co.jp

・内容につきましては、予告なく変更する場合がございますのでご了承ください。