GISがマーケィングを変える!特徴や事例を分かりやすく解説します

2021.12.31エリアマーケティング , エリアマーケティングGIS
このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗の出店計画を立てるときにおこなわれる出店予定地の売上予測や商圏分析は、「地理情報システム」を使用するとマーケティング精度が大幅に向上します。
例えばスマートフォンの位置情報をGISに取り込んでエリアマーケティングをおこなうと、消費者の動向が読み取りやすくなり顧客分析の精度が上がります。地理情報システムを使った顧客分析の結果は、事業の成長を目的とした店舗開発業務や販売促進施策を立てる際に役立つデータとなるのです。

そこで今回は、GISを使ったマーケティングの特徴や導入事例について紹介していきます。自社のエリアマーケティングの参考にしてください。

GISとは「地理情報システム」のこと

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

「GIS(Geographic Information System)」とは「地理情報システム」を意味する略語です。地理的な位置を手掛かりとして、建物や店舗、道路といったさまざまな情報を電子地図上に重ねて見やすくしたソフトを指します。

普段から、スマートフォンで目的地までのルートを調べる、特定のエリアで店舗を探すなど検索の機会は多々あるでしょう。場所を検索するときに使用するWeb上の地図サービスもGISの一つであり、このシステムによって目的地や店舗の位置情報が地図上でビジュアル化されるため、特定エリアの状況が容易に把握できるようになっています。

近年注目を集め始めた理由とは?

マーケティングでGISが注目されるようになった背景には、デジタル技術の進化があります。
AI(人工知能)やIoTといった最新のデジタル技術と掛け合わせることで設備や顧客などの膨大なデータと地図の関連付けが可能になりました。複数の情報を地図上で重ね合わせることで、これまで難しかった複数の情報の関連性や地域の特性などがより明確となり、多彩な分析をおこないやすくなります。

GISを用いたマーケティングの特徴

GISを活用したマーケティングの特徴として挙げられるのは「精度の向上」と「視覚的な情報で現状をつかめる」という2つです。どれほどマーケティングの精度が向上し、どのように分析結果を把握しやすくなるのか、具体的に解説しましょう。

GISでマーケティングの精度が向上する

GISを使うと売上予測をもとにした出店地域の選定や、自社ブランドのターゲットが多く住むエリアへの販促企画の立案が可能となるため、より精度の高いマーケティング施策が実現できるでしょう。

また、GISを導入すると競合店舗の商圏を分析して、どのような顧客層をターゲットにしているのかを把握できるため、競合他社との差別化ポイントの模索も可能です。
その他、退店候補物件の商圏分析、商圏にいる潜在顧客の分析なども可能となるでしょう。

視覚的に現状把握がおこなえる

GISを使って情報をビジュアル化することで、視覚的に状況を把握しやすくなります。

例えば、あなたが飲食店の店舗開発の部署で、新規店舗の出店を企画していたとします。
飲食店であれば、定期的に来店する顧客の居住エリアはある程度決まっているケースが多いでしょう。居住エリアを重複したまま新規店舗を出店してしまうと、同じ会社の店舗で顧客を奪い合ってしまい、集客効率が落ちて大きな機会損失となります。

しかし、出店地域の選定にGISを使用すると一目で重複エリアや未出店エリアがわかるため新規出店時のカニバリや機会損失を防げるでしょう。もちろん、地域でのブランド力向上や競合他社の参入を防ぐために、同じ地域に集中して出店するドミナント戦略などもあります。GISを利用した上でどのような出店戦略をとるかは、企業ごとの方針で異なるため、GISデータを活用して自社に合った戦略を行ってください。

また、地図画像やレポート機能を備えたGISであれば、データが均一化されるために部署間での情報共有もしやすく、調査・分析工数の削減につなげられることもメリットです。

GISマーケティングの導入事例を紹介

どのような形でGISマーケティングを活用したらよいのかイメージの湧かない方も多いでしょう。GISを使ったマーケティングの導入事例を2つ紹介しますので、自社で導入する際の参考にしてください。

事例1|分析業務の時短と営業スキルの向上

A社は、東日本をメインに出店しているクリーニング店を運営しており、5年以内に西日本への展開を目指しています。

出店候補物件の分析は、候補物件を調査しWeb上の地図に物件情報をピン留めする、自治体のデータから人口数をExcelにまとめる、距離商圏ごとにターゲットとなる人口数のレポートを作成し現地調査に行く、というフローでおこなっていました。
こういった分析方法の場合、情報を集める作業が煩雑化しメインの分析業務やレポート化に時間的なコストが多くかかってしまいます。

そこでA社では、商圏分析用GISの導入を検討しはじめました。
商圏分析用のGISは出店候補物件の一括インポートが可能であり、基本的な統計データも標準搭載されています。GISを導入した結果、別々におこなっていた分析作業が一度で済むようになり、分析にかかる作業工数は大幅に削減。1日に出店候補物件を分析できる件数も増やせたため、出店効率が飛躍的に上がりました。

事例2|競争激化の業界で立地の厳選に成功

B社は関西をメインにフィットネスクラブを運営しています。初めての大型店出店に伴い、出店計画を立てることとなりました。これまではビルイン形式での出店が多く、路面店での出店はあったものの、B社が大型店舗を出店するのは初めてでした。

投資額が多額で競争の激しい業界では、いかに投資効率を高められるかが事業の安定化につながります。出店ミスは取り返しが付かないほど大きな損失となりうるため、徹底したエリアマーケティングで出店地を決める必要がありました。

そこでGISによるマーケティングを導入して商圏やターゲット分析を細かくおこない、データから出店立地を厳選したことで集客効率の良い店舗の出店に成功。社内でもGISを使った出店事例となり、以後の出店ではGISを使った分析が標準となりました。

まとめ:GISの活用で精度の高いマーケティングを

GISは地図上で複数のデータを重ね合わせて、見やすく分かりやすい形で表示できるため、これまで何かと手間がかかっていたエリアマーケティングの効率化を実現してくれます。時間をかけて収集したデータでも、活用できなければマーケティングをおこなった意味がなくなってしまいます。GISによるエリアマーケティングの導入で、マーケティングの効率と精度を高めて分析結果を有効に活用しましょう。

商圏分析で市場を把握。新規出店の調査がスムーズに。

タグ : エリアマーケティング
このエントリーをはてなブックマークに追加