TerraMapStandard

TerraMap BCP

低コストで導入が可能な災害シミュレーションソフト

多くの企業において、頻発する自然災害や人為災害によるサプライチェーンの混乱などを未然に防ぐ高度なリスク管理と事業継続計画(BCP)が求められています。
「TerraMap BCP」は、お取引先様とのサプライチェーンはもとより、顧客、事業所、従業員のリスク軽減の具体的な計画策定や備蓄品の最適化を支援し、自然災害や人為災害が起きても事業を継続することを可能とします。

398,000円

保守費用 年間 48,000円(税別)
  • 事業継続計画(BCP)とは

    事業継続計画(Business Continuity Plan、BCP)。 「災害時に特定された重要業務が中断しないこと、また万一事業活動が中断した場合に目標復旧時間内に重要な機能を再開させ、業務中断に伴う顧客取引の競合他社への流出、マーケットシェアの低下、企業評価の低下などから企業を守るための経営戦略。バックアップシステムの整備、バックアップオフィスの確保、安否確認の迅速化、要員の確保、生産設備の代替などの対策を実施する。(出典:内閣府ホームページ)」。 つまり「緊急事態が発生した場合の対策を立てること」を意味します。

  • どうして必要なのか

    緊急事態が発生した場合に事業の継続・早期復旧を図れない場合、安定的な供給ができず事業に支障がでたり、その損失や復旧に時間がかかり、関係企業や従業員に大きな影響を与える可能性があります。 事前にシミュレーションすることで、いち早く事業継続が可能となれば、顧客の信頼や高い評価にもつながり、当然、従業員の雇用維持や安心につながります。

TerraMap BCPの特長

  1. 特長1 企業規模に関わらず導入が容易な低コストの災害シミュレーションパッケージ

  2. 特長2 各種想定地震を選択し、震度・液状化・津波リスクを可視化。定型の想定被災分析レポートを出力
  3. 特長3 自社・拠点・事業所等とそれに関連する子拠点、従業員、サプライヤ、顧客などを住所から地図プロット
  4. 特長4 事業部門別や拠点別リスクを可視化、リスト化

  5. 特長5 原子力発電所等、任意の指定位置からの距離圏(災害圏)を出力

  • 簡単商圏作成でエリアマーケティング・商圏分析
  • 町丁目データでエリアマーケティング・商圏分析

TerraMap BCP 機能

  • 簡単商圏作成でエリアマーケティング・商圏分析

    シンボル機能

    全国の事業所や拠点、従業員や取引先などを登録。 さらに、それぞれに関連するデータ(事業所と従業員、拠点と部品工場など)を登録することができるため、離れている場所の計画も立てることが可能です。

  • 町丁目データでエリアマーケティング・商圏分析

    地震分析機能

    ・内閣府(中央防災会議)
    ・J-SHIS
    ・過去地震
    などの災害情報から想定される災害状況を地図上に可視化。全国はもちろん、必要なエリアや震度の絞込み表示や震源を任意指定することもできます。

  • 500mメッシュデータと1kmメッシュデータ
でエリアマーケティング・商圏分析

    地震ハザード機能

    30年間での震度5強以上、震度6弱以上、震度6強以上の確率を地図上に可視化。 地震の確率を、登録したシンボルとあわせて一覧化し、レポートとして出力することも可能です。

  • ワンクリックレポートで簡単商圏分析

    レポート機能

    ・想定地震分析(地震・液状化・津波)
    ・地震ハザード
    ・災害圏
    など、登録したシンボルの状況を各レポートを通して確認することで災害リスクの分散化などの計画を立てることができます。

TerraMap BCPの保守サービス

ご導入いただいたTerraMap BCPが最大限のパフォーマンスを発揮し続けるよう、保守サービスにて支援いたします。
専任スタッフによる操作サポート、最新災害データの追加や機能の拡張など、GIS専門メーカーならではの保守サービスを提供しております。
※ご導入後1年間(初年度のみ)は年間保守ご契約を必須とさせていただきます。

TerraMapStandard

TerraMap BCP

398,000円

保守費用 年間 48,000円(税別)
OS – Windows 7以降 日本語版(64ビット)(InternetExplorer11以降必須)
CPU – 各OSが推奨するCPU(core iシリーズ推奨)
HDD容量 – 20GB以上推奨
メモリ – 8GB以上推奨
ディスプレイ – 1024×768TrueColor(24ビット)以上
その他 –
  • DVD-ROMドライブ必須(インストール時)
動作環境など、詳しくは製品リーフレットをご確認ください。
※1台のコンピュータに限り利用可能です。本ソフトウェア製品をネットワークにサーバにインストールし、ネットワークを介して利用することはできません(リモートデスクトップまたは、それに類似する環境を含む)
※背景地図は、株式会社昭文社の地図データを使用しています。地図使用承認●昭文社第48G083号
※地図表示(縮尺、色など)はPC環境によって多少異なることがあります。
※地図画像の社外配布は地図メーカーの承認番号が必要です。配布枚数に応じた費用が発生します。詳しくは別途お問い合わせください。
※当製品は、株式会社昭文社の開発キット「MappleG」を使用しています。
※TerraMap BCPで使用するレポートシリーズはMicrosoft Excelのシステム要件、推奨環境に準じます。Excelの推奨バージョンは32ビット版2010以降必須です。バージョンの違いにより、文字サイズ、グラフサイズ、配色、印刷物に若干の違いが出る場合があります。
※最新アップデート情報をインターネット経由で取得することが可能です。
※Microsoftは、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
※掲載している商品名、社名は各社の登録商標です。
※商品の仕様は予告なく変更する場合があります。